51 views

こんばんは。卍sonです。1月は遊びまくってた気がする、、、書くことが沢山(笑)。
1月20日に僕の大好きなバンド、The Pains of Being Pure At Heartのライブを観に、京都メトロに行って参りました。

そんなバンド知らねぇよって方に向けて、今回のツアーの紹介文がコチラ!

USシューゲイズ・インディーポップバンド、TPOBPAT。8/2に日本先行発売となる ニューアルバム『ジ・エコー・オブ・プレジャー』を携え、2年ぶりの緊急来日公演が決定!
キップ・バーマン(G/Vo)を中心にNYで結成されたインディポップ/シューゲイザー・バンド。 2009年のデビュー・アルバム『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』はビルボードの 注目新人チャートで9位を記録し、PITCHFORKやNME他で2009年のベスト・アルバムの一枚にも選ばれ、日本でも 「CDショップ大賞」の洋楽部門でレディー・ガガに続く準大賞を獲得。ここ日本でも草の根的なかたちで話題を呼んだ。 2011年にリリースしたセカンド・アルバム『ビロング』は、彼らの著しい成長ぶりを見せつけた名盤となり、 各国でヒットを記録。アメリカと日本ではチャート的にも大きな成果を記録した。
この夏、2014年にリリースされたサード・アルバムにつづき、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの復活作『mbv』を 手掛けたアンドリュー・サヴールをプロデューサー/エンジニアに迎えて制作された4枚目となるニューアルバム 『ジ・エコー・オブ・プレジャー』を日本先行リリース。そして来年1月、2015年以来となる来日ツアーが決定!!

次世代シューゲイザーバンド

僕がこのバンドと出会ったのは大学4年の時だったかな??当時My Bloody Valentineが何年ぶりかの新譜『mbv』を発表し、それに伴って沢山のインディポップ・シューゲイザーバンドたちが注目を浴びるようになりました。いくつかご紹介。懐かしい、、、。

Starlight,Starlight / exlovers
マジで死ぬほど聴いてた、、、。アルバム一枚しか出さずに消えてしまったけど(笑)。奇跡的にタワレコで視聴してビビビッっと即購入したのを覚えています。

So High / Ringo Deathstarr
こういうジャンルのバンドって超カワイイ女子が1人必ずいるんだよね。だけど、Ringo Deathstarrの子の実物は「馬みたいな顔だった」って来日した時のライブハウスの店長が言ってた(笑)。

Today is the day / Yo la Tengo
この曲のCDはなぜか絶版になってて、すごい苦労して手に入れた記憶があります。フジロックで見た時はお尻でギター弾いてた(笑)。

まずはセットリスト!

じゃーーーーん!セットリストを手に入れた人のヤツを写真におさめてきましたーー!(勿論、許可を頂いて)。

字が汚ねぇぜ、、、、。↓解読したのでコチラを参考にして下さい。

The Pains of Being Pure At Heart JAPAN TOUR 2018 @京都メトロ

  1. My Only(The Echo Of Pleasure)
  2. Heart In Your Heartbreak(Belong)
  3. The Body(Belong)
  4. Simple and Sure(Days of Abandon)
  5. Come Saturday(The Pains of Being Pure at Heart)
  6. Higher Than the Stars(Higher Than the Stars)
  7. Falling Apart So Slow(The Echo Of Pleasure)
  8. A Teenager in Love(The Pains of Being Pure at Heart)
  9. Anymore(The Echo Of Pleasure)
  10. Eurydice(Days of Abandon)
  11. When I Dance With You(The Echo Of Pleasure)
  12. Until The Sun Explodes(Days of Abandon)
  13. Young Adult Friction(The Pains of Being Pure at Heart)
  14. Everything with You(The Pains of Being Pure at Heart)
  15. The Pains of Being Pure at Heart(The Pains of Being Pure at Heart EP)

今思えば新譜から全然やってねぇな(笑)。Apple musicかSpotifyのプレイリストも作ろうかと思ったけど、『Belong』とEPとかがあがってなくて出来ませんでした、すみません。

足元も確認してきましたよ!

まずはリードギターさん。
BOSSのチューナー、MXRのMicroamp、BOSSのCH-1、BOSSのRV-5、ELECTRO-HARMONIXのNano Small Stone、T-REXのYellow Drive Distortion、銀色の小さい何か、BOSSの技クラフトのDelay。銀色のヤツは何だろう、、、誰か教えて下さい。

ギタボさん。
BOSSのチューナー、BOSSのSD-1の何かのモディファイ、BOSSの技クラフトのDelay、MR.BLACKのEterna(知らない)、銀色の小さい何か、FulltoneのFat-Boost、BOSSのCE-5。どっちのギターもBOSSが多い感じで、たぶん直列。

ベース。
BOSSのチューナー、FulltoneのOCD、そしてWampler Pedals Ego Compressor。なんだこのコンプ!調べたら35,680円なり!全てのエフェクターの中で一番高い、、、、。

THE・多幸感!

素晴らしい、、、。名曲の数々。セットリストに挙げたように、今回のアルバムからっていうよりはベスト曲の連続といった感じ。僕は二列目を死守し、見上げるようにして彼らの熱演に聴き入っておりました。

近い!そしてキーボードの女が超カワイイ!!名曲Come Saturdayでは彼女の美声がたまらなかった、、、。ウーウーウーってやつ。

まぁライブを見て思ったんだけど、正直同じような曲が多いよね(笑)。また同じ曲かな?って何回も思ったわ。

いや!作曲を極めすぎたら、結局みんな同じ曲になるんだよ!うんうん(笑)。

ベースも良い顔してる!

はい、みなさんどうですか。かなり押し付け的な内容になってしまったような?(笑)。それぐらい良いバンドなので、皆さんも聴いてみてください。