38 views

 3月24日、25日に名古屋 今池(ちょっとだけ池下)のライブハウス、カフェなど9会場で開催されたサーキットライブイベント、IMAIKE GO NOWに行ってきました。

 自宅から徒歩圏内で開催されているこのイベント。仕事の都合で毎年フジロックもサマソニも諦めているので、この距離で、これだけのアーティストが観れるのは本当に魅力的。最高のイベントでした。

 今回はその備忘録。(セットリスト含むので注意です。)

 3月24日 13時30分にBOTTOM LINEで2日通しのリストバンドを交換。そのまま髭へ

髭 @BOTTOM LINE  13:30-

 久しぶりの髭。最後に観たのは学生以来だから6年以上経ってるのかな。相変わらず須藤寿は最高のポップアイコンでした。新曲も最新作『すげーすげー』のモードを引き継いだグッドメロディで良かった。

  1. MR.アメリカ
  2. もっとすげーすげー
  3. ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
  4. Acoustic
  5. CLASH! LAOCHU!
  6. 黒にそめろ
  7. ing
  8. なんとなくベストフレンド
  9. DEVIL’S ODD EYE
  10. ロックンロールと五人の囚人
  11. 新曲
  12. テキーラ!テキーラ!

吉田ヨウヘイgroup @TOKUZO 14:45-

 ずっと気になっていた吉田ヨウヘイgroup。実は2012年結成で結構キャリア長いのね。テナーサックス、ベース、ドラムのサポートを加えた7人編成で、丁寧な演奏が素敵。複雑な曲なのに気持ちよく聴けました。トーラス、フォーチュン、サーステイ、間通ってなんかを演ってた。

Scoobie do @CLUB UPSET 17:00-

  1. アウェイ
  2. 真夜中のダンスホール
  3. MI.RA.I
  4. ensemble 
  5. 生きがい
  6. Cold dancer
  7. Back On
  8. 新しい夜明け

 相変わらずのファンキー4による圧巻のステージ。ライブハウスのマナー・楽しみ方はこの方々から教えていただきました。打ち込みを導入した新曲も良かった。

 

秋吉 今池店で小休止。久しぶりの純けいとビールが最高。

集団行動 @TOKUZO 19:10-

 学生の頃、相対性理論が大好きでコピバンまでしてたけど、なかなかライブに行く機会がなかった。それから足掛け10年近く、遂に真部脩一との邂逅である。独特のメロディセンス、言葉遊びは健在。ボーカルがやくしまるえつこではないけど、個人的にはどこかノスタルジックな気持ちで観ていた。 

  1. 会って話そう
  2. ぐるぐる巻き
  3. テレビジョン
  4. 充分未来
  5. スープのひみつ
  6. (わからん)
  7. 絶対零度
  8. ホーミング・ユー
  9. 鳴り止まない
  10. モンド
  11. オシャカ

Tempalay @TOKUZO 20:35-

 1日目の大トリ、入場規制もかかって満員のTempalay。半年ぶりだが、変わらず最高にかっこよい。出音が抜群に良い。バンドの佇まい、曲、ライブパフォーマンス、全てが今の日本の最先端だと思う。リアルタイムに体験できて、同じ時代を生きれて良かったと思えるバンド。

  1. JOE
  2. my name is GREENMAN
  3. 新世代
  4. (新曲)
  5. Oh.My.God!!!
  6. ZOMBIE-SONG feat. REATMO
  7. TIME MACHINE
  8. 革命
  9. 革命前夜
  10. 深海より

 

1日目終了!2日目に続くのです。

(ニーチェ)