Yogee New Waves 『Bluemin’ Days TOUR 2018』へ行ってきた

40 views

 4月14日にYogee New Waves 『Bluemin’ Days TOUR 2018』@ダイヤモンドホールへ行ってきた。

 ヨギーズを最後に観たのは、確か2015年11月の京都CLUB METROだった。Gt. 松田光弘の脱退後で、『SUNSET TOWN e.p.』リリース直前のツアーだ。

 振り返ってみれば当時は過渡期で、やはりClimax Nightのバンドというイメージが強かったように思う(LIVEでもアンコール含めて2回もClimax Night演ってたし)。

 それからベースの脱退、新メンバーの加入を経て、いよいよメジャーデビューな今回のLIVEである。

 1st『PARAISO』は、良い楽曲とシンプルだけど中毒性の高いギターアレンジにドはまりして今でも大好きだ。前作から3年近くを経た『WAVES』、『SPRING CAVE e.p』は相変わらずの曲の素晴らしさに感嘆したけど、複雑化した演奏や角舘くんの歌い方の変化に慣れなくて、ちょっと冷静に聴いていた。

 ということで、久しぶりのヨギーズのLIVEは、新しいバンドを観に行くような気持ちでダイヤモンドホールへ向かった。

 ほぼ満員の会場で、定刻を少し過ぎてLIVEがスタート。

 1曲目のWorld is Mineから、いきなり感動させられた。演奏力が格段に上がって、バンドとしての出音がめちゃくちゃ良い。新メンバーが加わって、もはや以前とは完全に別物のバンドになっているけど、今が過去最高に良い状態。

 Yogee New Wavesは、角舘健悟のプロジェクトではなく、生きたバンドだったんだと改めて実感した。

 以前はLIVEのハイライトで演奏していたClimax Nightもクールダウン程度にさらっと披露し、全ての楽曲がとても高いクオリティで流れるように進行していき、ワクワクしっぱなし。

 個人的なハイライトはHOW DO YOU FEEL?

 summer、Hello Ethiopia、Good bye、Megumi no Ame、Dreamin’ Boyも相変わらず最高で、過去と今を繋ぐ、そしてこれからが本当に楽しみになるLIVEだった。

 

 [セットリスト]

  1. World is Mine
  2. Fantastic Show
  3. Ride on Wave
  4. Boyish
  5. Summer
  6. Dive Into the Honeytime
  7. Hello Ethiopia
  8. C.A.M.P.
  9. Climax Night
  10. HOW DO YOU FEEL?
  11. Summer of Love
  12. Bluemin` Days
  13. Like Sixteen Candles
  14. Good Bye
  15. SAYONARAMATA

 (encore)

  1. PRISM HEART
  2. Megumi no Ame
  3. Dreamin’ Boy

(ニーチェ)